中古バイクを偽造・偽装する悪質なプロ。

景気が悪くても良くても、世の中には犯罪を犯しながら飯を喰ってる人というのがいるものです。

中古バイク市場もその例外ではなく、バイク買取業や中古バイクのディーラーといったプロでさえ、ときにそうした悪質業者に騙されてしまうケースがあるといいます。

古典的なやり方というのは、中古バイク市場では査定が下がるしかないような走行距離数を走っていたり、事故などによってかなりの修復歴がある中古バイクを偽って、プライスボードなどに事実とは異なる表示を平気で書き込んでいるケースです。

こういう中古バイクは、もちろんオートオークションなどの公的な場所には出てこないし、出そうと思ってもすぐにバレてしまうので出すことはしません。

いわゆるサイトの世界にも闇サイトがあるように、闇の流通ルートを通って売り飛ばされるわけです。

善良なプロがいる一方で、こうした偽造バイクを売りさばくプロもいて、比較的知識の浅いビギナークラスの消費者が犠牲になっています。

事故車、欠陥車、盗難車~。

そうしたことを知らずに購入してしまえば、その消費者でさえ犯罪に巻き込まれてしまうわけで、下手をすれば事故を起こしてしまうことも考えられます。

中古バイクの業界ではニコイチ車と呼んでいますが、複数の中古バイクから使えそうな部材だけをかき集めて「新しい中古をつくる」などといったことも犯罪のプロにとってはお手のもので、巧妙になれば中古バイクのオートオークションに出品され、正規のルートで出回ってしまうこともあります。

不正防止の動きはもちろん加速していますが自分で注意する事が必要です。

こうした悪質な業者は中古のバイクを買うときだけではなく、買取を依頼する時も存在します。

買取をしてもらう時は簡単にまかせず、どんな価格が妥当なのかなど依頼する前に下調べをしておきましょう。

中古バイクファイターで買取に関しての基本的な事を知る事が出来ますので一通り読んでおくことをおすすめします。